毎日一冊! Kennie の読書日記

面白い本をガンガン紹介していきます!!

ファンタジー

安楽椅子探偵アーチー

「安楽椅子に座って事件を解決する探偵」じゃなくて 「しゃべる安楽椅子が探偵」という設定だけでお腹いっぱいです。 「モーリスのいた夏」でも思ったけれど、この作者さんは 設定の発想力がすごいと思う。 【タイトル】 安楽椅子探偵アーチー 【作者】 松尾…

神様に一番近い動物 ~人生を変える7つの物語~

動物や宇宙人や紙幣など 「人ならざるものたち」の寓話です。 「夢を叶えるゾウ」シリーズからブレない 水野敬也氏のメッセージが込められています。 【タイトル】 神様に一番近い動物 ~人生を変える7つの物語~ 【作者】 水野敬也 【あらすじ・概要】 動…

モーリスのいた夏

大人になると見えなくなる「人くい鬼」を巡る 17歳と10歳の二人の少女のひと夏の出来事です。 「少女時代の終わり」の切なくてさわやかな雰囲気が好きです。 【タイトル】 モーリスのいた夏 【作者】 松尾由美 【あらすじ・概要】 17歳の女子高生の信乃が避…

午前0時のラジオ局

ラジオ局での「ちょっと不思議なできごと」の物語です。 現役のアナウンサーさんが書いているだけあって 仕事内容の描写はリアリティと迫力のあるものでしたが 設定はファンタジー寄りです。 6話ともとも悲しいストーリーなのですが、 主人公たちの関りをみ…

最後の夏-ここに君がいたこと-

村上春樹さんの「風の歌を聴け」で 「セックスと人の死が出てこないのが優れた小説の条件」 とあった記憶があります。 実際には禁じ手にしたいほど、 人の心を揺さぶる題材だということなのでしょう。 そういう意味では定番ですが 男女の愛と男同士の友情が…

天国までの49日間

「いじめ」のお話です。 デフォルメされたキレイすぎる展開で 消化しきれないところもあったけれど 作者さんの思いは伝わってきました。 【タイトル】 天国までの49日間 【作者】 櫻井千姫 【あらすじ・概要】 中学二年生の折原安音はいじめを苦に自殺した。…

青春SPOOKY!

新潟を舞台とした怪奇小説短編集です。 幽霊とか死体を蘇らせた傀儡とかが出てくるし 結構グロいシーンもあるけれど 不思議と怖さは感じなかったです。 【タイトル】 青春SPOOKY! 【作者】 ヤマダマコト 【あらすじ・概要】 3つの短編集。 青春スプーキー 29…

三月の雪は、きみの嘘

「あるところに、ウソばかりついている女の子がいました」 という絵本の引用から始まる、 どうしても「ウソをついてしまう」少女の物語です。 少女が、自分を縛る「かつてのウソへの後悔」を 周りを囲む優しい人たちの力を借りて 少しずつ解き前進していく姿…

灰は灰へ:Ashes to Ashes 伊達町サーガ

北海道の伊達町を舞台とした3つの短篇集です。 SF、ホラー、エロ、ミステリ等々をまぜこぜにしたような 夢の中に取り残されたような不安を感じさせる話です。 どの話でも兄弟・姉妹のつながりが 描かれているのは共通要素で、 どこかで繋がっているように見…

夢の終わりで、君に会いたい。

「いつか、眠りにつく日」に続く いぬじゅん さんの作品です。 前作に続き、人の死が絡む切ないストーリーですが 「生きていることの素晴らしさ」や 「言いたいことは言わなきゃダメ」という思いが 込められているように感じます。 「誰かの期待に沿うこと」…

いつか、眠りにつく日

事故にあった女子高生が「案内人」に導かれ 四十九日の猶予期間に、この世の未練を解消していきます。 「生きていることを大切にしなければ」と感じ、 泣かされる話でした。 【タイトル】 いつか、眠りにつく日 【作者】 いぬじゅん 【あらすじ・概要】 森野…

思い出がきえないうちに

「コーヒーが冷めないうちに」「この嘘がばれないうちに」 に続くシリーズ3作目です。 前作から15年後の世界で、舞台も東京から函館に移っていますが、 またまた変わらず、泣かせにくる作品でした。 【タイトル】 思い出がきえないうちに 【作者】 川口俊和 …

この嘘がばれないうちに

「コーヒーが冷めないうちに」の続編です。 本作も過去に戻れる喫茶店「フニクリフニクラ」での 物語四編の短篇集です。 前作は「過去と他人は変えられなくても 自分と未来は変えられる」という話でしたが 本作は「自分の幸せを願ってくれる人のために 自分…

コーヒーが冷めないうちに

「一杯のコーヒーが冷めない間だけ」 過去に戻ることができる喫茶店で起こった話。 一時期は、やたらと広告を目にしたので 読む気になりませんでしたが、 読んでみると舞台が頭に浮かぶような映像的な描写で 作品世界に浸かることができました。 【タイトル…

緑陽のクエスタ・リリカ 魂の彫塑

ミステリ作家である 相沢沙呼 ですが 本作はファンタジー小説です。 剣と魔法が飛び交う超正統派ファンタジーで RPGゲームの様な世界観を純粋に楽しめました。 【タイトル】 緑陽のクエスタ・リリカ 魂の彫塑 【作者】 相沢沙呼 【あらすじ・概要】 ジゼル・…

きみのために青く光る

【タイトル】 きみのために青く光る 【作者】 似鳥 鶏 【あらすじ・概要】 犬が光る 受験を控えた高校生の少年 田辺は 動物病院の娘である 澤野さんに好意を抱いていた。 だが、田辺には動物に近づくと 必ず襲われるという「特殊能力」があり 常に動物に囲ま…

君のためにできるコト

口下手な くまこちゃん と 気が利く くまおくん のお話です。 とても優しくて、もどかしくて、 最後は心が温かくなりました。 【タイトル】 君のためにできる͡コト 【作者】 菊田まりこ 【あらすじ・概要】 口下手で思いを伝えられない くまこちゃん と くま…

夢十夜

「こんな夢を見た」 で始まる十夜の物語です。 非論理的な内容な分、メッセージが隠されているように感じます。 メタファーから多様な解釈を許すエヴァ的な戦略なのかもしれません。 【タイトル】 夢十夜 【作者】 夏目漱石 【あらすじ・概要】 第一夜 男は…

月の女神に、希望の歌を

「ちょっと変わったタイムリープ恋愛もの」です。 「僕よりも、ずっと先の未来を生きていく本宮美憂さんへ」という導入から、ガツンと引き込まれました。面白いです。 【作者】 ヤマダマコト 【あらすじ・概要】 新潟県の月潟に住む、小学5年生の井浦洋平は…

しろいくまとくろいくま

「ごまかさずに自分の物語を生きる」ということでしょうか。 「熊や猫たちの国に迷い込む」というファンタジー寄りの設定ですが、心の内側を覗き込むような怖さも感じる話でした。 【作者】 高山環 【あらすじ・概要】 ケイスケとの新婚生活を送っていたサツ…

少年と木

大人向けの童話です。 夢の中で子供の頃を追体験するように、あの頃の「公園」を思い出す作品でした。 【作者】 高山環 【あらすじ・概要】 母親と公園にきていた5歳のぼくは、見知らぬ少年に導かれ、いつもとは違う公園に辿り着く。 少年はぼくに「公園は誰…

かがみの孤城

「思春期の生き辛さ」と「救い」が暖かく描かれています。 忘れていた10代の頃の繊細さを思い出し、大人としてどう向かい合うべきか考えさせられます。 エピローグは感涙必至の名作でした。 【作者】 辻村深月 【あらすじ・概要】 中学一年生の「こころ」は…

ドーナツと彼女の欠片

大切な人を思い出す、日々を大切にしたくなるような素敵なお話でした。 【作者】 奥田徹 【あらすじ・概要】 3つの短編小説集。 ・十四歳じゃない(十三歳の少年と、十五歳の少女の物語) 自堕落な父親と暮らす十三歳の少年は自由を求めて家出を計画する。 …

幸せサプリ

妻を失った男が幼い娘を守りながら生きていく、という感じで始まる話です。 プロットの仕掛けも面白いのですが、妻と娘を守ろうと戦うひたむきな男のストーリーとして、切ない余韻を残します。 最近はこの作者の作品が好きです。 【作者】 高山環 【あらすじ…

怪物少女フォーエヴァー

新潟を舞台とした四季の物語のうち、春と夏の2編を収めた短編集です。前作のピーカブー!に続いて、ほんのり怖いけど楽しい話になっています。 【作者】 ヤマダマコト 【あらすじ・概要】 新潟の四季の物語のうち、春と夏の2編からなる短編集。 ・ほうき星に…

ピーカブー!

新潟を舞台とした四季の短編のうち、本書には秋・冬の2編が収められています。不気味さと暖かさが混在する名作です! 【作者】 ヤマダマコト 【あらすじ・概要】 2編の短編集。 ・アサギマダラ 紅葉が深まる森の中、小学生の悟の中に何者かの意識が流れ込ん…

感情買取ドットコム

喜びや悲しみ等の感情を売買できるアプリのお話です。切り口が面白いですね。 【作者】 山田佳江 【あらすじ・概要】 妻に「愛が重すぎる」と言われ、別居状態となっている宮川。会社の後輩から「感情買取ドットコム」というアプリを紹介され使い始める。 妻…

二億円のドーナツ

とある地方都市の駅前再開発計画を巡るお話です。キャラクタが魅力的で楽しく読めるストーリーでした。 【作者】 高山環 【あらすじ・概要】 都内まで片道2時間かかる地方都市の広山市に暮らす高橋。商業施設を作る計画が立ち上がり、 高橋が所有する土地が…

チョコレートの天使

「青い月夜」シリーズから好きになった 赤井五郎さんの長編ファンタジーです。ある意味ハッピーエンドではあるけれど、とても切ない終わり方です。 【作者】 赤井五郎 【あらすじ・概要】 虫技師二コラの娘デイジーが事故で死んでしまう。二コラは酒の密売で…

カチコミ山

お婆さんを殺され失意に沈むお爺さんのため、ウサギがタヌキに復讐するという、「かちかち山」をモチーフにしたお話です。童話ベースですが「正義とは」何か、を問いかけるハードボイルドな作品です。 【作者】 芥川龍之助平、月狂四郎 【あらすじ・概要】 …

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムであ「Amazonアソシエイト・プログラム」に参加しています。