Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ

【作者】 大崎 梢 【あらすじ・概要】 「配達あかずきん」に続く、成風堂書店シリーズ。途中に番外編として「晩夏に捧ぐ」という作品もあり、発表順で言うと第3作。 「配達あかずきん」と同じく、「杏子」と「多絵」が、成風堂の周辺で起きた事件を解決する…

自由論

【作者】 ジョン・スチュワート・ミル 【あらすじ・概要】 19世紀初めのロンドンに生まれた功利主義哲学者による著作。功利主義的観点から自由論を語る。 ポイントとなるのは以下の二つ。 ・「個人は、自分の行動が自分以外の誰の利害にも関係しないかぎり、…

なぜ、あの人の周りに人が集まるのか? 仕事もお金も人望も、すべてが手に入る「大切なこと」

【作者】 滋賀内 泰弘 【あらすじ・概要】 商売でもそれ以外でも、良い関係を作るために「大切なこと」をストーリー仕立てで語っていく本。 MBAを取得しマーケティング理論に精通した主人公「ユカリ」は、就職したスーパーで現場仕事が続くことに嫌気がさし…

青い月の夜、もう一度彼女に恋をする

【作者】 広瀬 未衣 【あらすじ・概要】 夏休みに京都の祖母の家に行った高校生の「圭一」が、一月に2度満月となる「ブルームーン」の時に、森の奥の泉で「沙紀」と出会う。月初のブルームーンの4日間の夜、圭一は沙紀と会い強く惹かれていくが、沙紀は「初…

ブルースをうたう三本足の犬

【作者】 いしい しんじ 【あらすじ・概要】 「皮ぶくろ」と名付けられた三本足の犬が、人間の声でブルースを歌い出す。「ソラ」、「キキキ」、「ハンスー」とバンドを組み、世界中を回りライブ演奏をする。とある富豪が「皮ぶくろ」に用意した「ジュークジ…

螺旋の手術室

【作者】 知念 実希人 【あらすじ・概要】 外科医である主人公は、自分の父親の手術助手として参加していたが、簡単な胆嚢の手術であるにも関わらず、出血が止まらず亡くなってしまった。父は主人公も務める病院での次期教授候補であったが、他の候補者も数…

まんがでわかる 地頭力を鍛える

【作者】 細谷 功 【あらすじ・概要】 「地頭力を鍛える」を漫画で解説した本。家具メーカのOLが同期から「地頭力」を鍛え使いこなす方法を学び、崖っぷちの状況から重要なプロジェクトを任され成功させる。 ・思考停止に陥らない AIやクラウドコンピューテ…

会社の老化は止められない −− 宿命にどう立ち向かうか

【作者】 細谷 功 【あらすじ・概要】 会社の成長段階を人間とのアナロジーで捉え、構造的に会社の老化は止めることができず、宿命として受け入れるしかない。アンチエイジング的な対処や老化の速度を遅らせることはできるが、老化自体は宿命なので、会社は…

配達あかずきん

【作者】 大崎 梢 【あらすじ・概要】 本屋を舞台として起きた謎を、書店の店員「杏子」とアルバイトの「多絵」が解決していく、5編の連作短編集。 ・パンダは囁く 「認知症を患った」親戚から頼まれた本を買いに来る客だが、伝えられた言葉は本のタイトル…

カー・オブ・ザ・デッド

【作者】 乙 一 【あらすじ・概要】 ゾンビのストーリー。山道をドライブしているとき、車の故障で立ち往生している男女を助けようとするが、中学時代に自分をいじめていた男と好きだった女性だったことに気づく。一緒に車にいることに耐えられず二人を下ろ…

世界の大富豪2000人がこっそり教える「人に好かれる」極意

【作者】 トニー野中 【あらすじ・概要】 大富豪を例に挙げているが、経済的に恵まれ「幸せ」になるためには、何よりも人間関係が大事だと説く本。 ・人に関心を持ち、人の話をよく聞く。 ・人の良いところを探し、誉める。 ・自分は運の良い人間だと規定し…

宵山万華鏡

【作者】 森見 登美彦 【あらすじ・概要】 京都祇園祭での「宵山」を舞台とし、万華鏡のように折り重なる人々と出来事を幻想的に描く。 バレー教室に通う姉妹の妹を主人公とする「宵山姉妹」では、祭りの煌びやかで不安な雰囲気の中、姉とはぐれ赤い浴衣の少…

香港 返還20年の相克

【作者】 遊川 和郎 【あらすじ・概要】 香港返還20年を迎え、その変遷を主に政治・経済の観点から解説していく。 第二次世界大戦後、列強の植民地が次々独立する中で、香港の租借契約はアヘン戦争後に李鴻章と英国間で合意した期限通り99年は有効だとされた…

青本

【作者】 高城 剛 【あらすじ・概要】 高城氏のメールマガジンにあるQ&Aコーナーをまとめた、「白本」、「黒本」に続くシリーズ。「白本」は特にカテゴリはなく文化全般、「黒本」はマスコミや政治寄りだったが、「青本」は「旅」に特化している。 数十カ国…

オカルト トリック

【作者】 八槻 翔 【あらすじ・概要】 影の薄い男子高校生「禅」が、奇術師「凛」、占い師「環奈」、サイコメトラー「沙耶」たちと繰り広げる3つの事件、「呪われた少女」、「孤独な少女」、「失った少女」のの連作となる小説。 「呪われた少女」は、自分と…

わたしを離さないで

【作者】 カズオ・イシグロ 【あらすじ’概要】 「介護士」キャッシーの回想として語られる物語。幼少時代から思春期までを過ごした学校的な施設である「ヘールシャム」での出来事が前半をしめる。友人のトミー、ルースや、エミリ先生、ルーシー先生やとの思…

運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割

【作者】 森 拓郎 【あらすじ・概要】 運動するだけで痩せることは難しく、食事に気をつけることがダイエットにも健康維持にも不可欠だという趣旨。 運動だけでカロリーを消費し、体脂肪を燃焼させるには相当の運動量が必要。筋肉を増やすことで基礎代謝を増…

国際舞台でナメられない英語力

【作者】 松岡 誠一郎 【あらすじ・概要】 PKOで米軍と交渉したこともあるという作者による、英語学習の本。 著者は「英語の交渉では物怖じした態度は軽蔑されるし、摩擦を当たり前と思う鈍感さが必要だとする。同時にOpen Mindedな態度は必要。また本気の交…

押絵と旅する男

【作者】 江戸川 乱歩 【あらすじ・概要】 電車で出会った奇妙な老人から、驚くほど精緻な押絵を見せられ、そこに描かれた老人と少女にまつわる話を聞かされる。 数十年前の話、押絵の男は老人の兄で、望遠鏡で見かけ見失ったた美しい少女に惹かれ、毎日によ…

プロパガンダ・ゲーム(16年版)

【作者】 根本聡一郎 【あらすじ・概要】 広告代理店への採用試験として、「プロパガンダ・ゲーム」が行われた。ネットでつながった100人の参加者を「政府側」は「戦争賛成」、「レジスタンス側」は「戦争反対」に傾くよう、あらゆる手を尽くして煽動してい…

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める

【作者】 築山 節 【あらすじ・概要】 脳神経外科医であり、脳の機能回復を専門とする作者による、脳の機能を保ち高めるための良い習慣を語る本。参考になるポイントは多いが、中でも特に印象に残った項目を挙げる。 ・生活の原点をつくること。 寝る時間は…

少女症候群

【作者】 根本 聡一郎 【あらすじ・感想】 「幻覚少女」、「脱水少女」、「禁断少女」の3作品を収める短編集。前2作は既に読んでいたので、今回は「禁断少女」について。幽霊・人魚についで、吸血鬼の少女が登場する。 必要条件が「度胸」という奇妙な家庭…

桜の森の満開の下

【作者】 坂口安吾 【あらすじ・概要】 男は屈強な山賊だ、人気のない時に見る満開の桜には気が狂いそうになるような恐ろしさを覚える。 ある日男は桜の元を通りがかった夫婦を襲い女を連れ去り妻とした。女は他に数人いた山賊の妻たちを男に殺させ、生活を…

学問のすすめ

【作者】 福沢 諭吉 【あらすじ・概要】 明治の開国時期に著された、学問に勤めることを勧める本。多くの論点があるが、特に印象に残ったのは以下の点。 ・有名な「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」という一文にあるように、人間の平等を一番最初…

走れメロス

【作者】 太宰 治 【あらすじ・概要】 人を信用しない為政者の横暴に怒りを覚え抗議したメロスは、捕らえられ死罪を申し渡される。メロスは妹の結婚式にでるため3日間の猶予を願い出て、その間の人質としを親友のセリヌンティウスが請け負う。メロスは帰路…

黒本

【作者】 高城 剛 【あらすじ・概要】 著者の運営する会員制サイトの質問コーナーをまとめて書籍化したもの。前作の「白本」に続いて今作でも多種多様な問答がされているが、中でも「日本式の儒教システム」が弊害となって日本が疲弊している、というのが全…

藪の中

【作者】 芥川 龍之介 【あらすじ・概要】 夫婦が山賊に襲われた事件について、目撃者や犯人、被害者など様々な人が語る。犯人と殺された夫、侵された妻の3人の証言が完全に食い違っていて、どれが真相なのか分からない。人は死してなお、何かを守るため事実…

幻覚少女

【作者】 根本 総一郎 【あらすじ・概要】 大学生の創は、自殺の名所と呼ばれる山羊山で幽霊、弥生と出会う。30年前にトンネルの落盤事故で死んだ弥生は、「私利のためトンネル工事費を抑えさせた」と噂された政治家 久我への怨念を果たすため、地縛霊となり…

新釈 走れメロス 他本編

【作者】 森見 登美彦 【あらすじ・概要】 京都の大学生が不思議な世界を織りなす「森見ワールド」で、著名な日本文学を題材に新たなストーリーを作り上げている。モチーフとなったのは以下の5作品。 中島敦「山月記」 小説家を目指す男が「傲慢な自意識」…

「話す」「書く」「聞く」能力が仕事を変える! 伝える力

【作者】 池上 彰 【あらすじ・概要】 例えば「日銀とは何ですか」という説明を子供にするためには、教科書的な説明ではなく、内容を深く理解しよく噛み砕かないと伝えることができない。池上氏の「週刊こどもニュース」での経験を元に説明している。 まずは…