Kennie の読書録

毎日1冊本を読み、記録を残したいと思います。

池上彰と考える、仏教って何ですか?

池上彰氏による仏教の歴史と教義の概説が前半で、後半はダライ・ラマ法王との対談記録です。池上さんの説明はいつもとても分かりやすい。 【作者】 池上彰 【あらすじ・概要】 仏教の歴史 紀元前500年ごろにインド小国の王子として生まれた ゴータマ・シッダ…

六花抄

この作者さんの「静かな月夜」シリーズの不可思議な世界観が好きでした。この作品も、夢の中にいるみたいに現実から遊離した不思議な感覚に浸ることができました。面白いです。 【作者】 赤井五郎 【あらすじ・概要】 主人公のニコウはガコウと共に久賀爺の…

これからの政治をゼロから考えよう おだやかに民主主義を取り戻すための5つの論点

行き詰っている感のある「民主主義」に未来はあるのか、幅広い視点からてみ提言している本です。短いですが内容は凝縮されています。 【作者】 佐々木俊尚 【あらすじ・概要】 以下の5つの論点から民主主義について語る。 論点1:権力は強大なのか 21世紀に…

神様のカルテ0

神様のカルテ1~3の登場人物たちのプロローグのような作品です。真摯に生きる主人公たちの生き方に心打たれ、水墨画のように静謐に描かれた信州の風景に圧倒されます。素晴らしい作品です。 【作者】 夏川草介 【あらすじ・概要】 神様のカルテの前日譚と…

日本サイバー軍創設提案: すでに日本はサイバー戦争に巻き込まれた

現代の戦争は物理的な武器での戦い以前に、サイバーで勝敗が決しているという話です。苫米地氏というのは認知心理学から宗教・ハッキングの技術まで著作の範囲が広いですね。 【作者】 苫米地英人 【あらすじ・概要】 サイバー世界での戦争が実際に起こって…

本来無一物: 恵能宗入門書

著者が中国赴任時代に禅宗に触れ、六祖恵能の教えを研究していった流れが掛かれています。禅宗の教義について語るというよりも、著者自身の備忘録という感じでした。 【作者】Aは 若島宏造 【あらすじ・概要】 中国禅宗の6代目の祖である恵能禅師の教えを紐…

正しいツボの見つけ方・押し方

ツボの探し方を丁寧に図解してくれている本です。ツボの位置は当たると「痛気持ち良さ」で分かるのだけれど、言葉や大雑把な図解だけでは見つけにくいので、ここまで懇切丁寧な図解は役に立ちました。 【作者】 福辻鋭記 【あらすじ・概要】 骨を基準とした…

プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法

現役の弁護士が「交渉のための心理術」を説いた本です。 短めの本ですが、論理だっていて理解しやすく実用的な内容が詰まっていて、かなりの良書だと思います。 【作者】 石井琢磨 【あらすじ・概要】 交渉を有利に運ぶ秘策は「連帯関係に持ち込むこと」。 …

サマータイムリバース

実に爽快な本格推理小説です! 冒頭は「そして誰もいなくなった」的な導入で、オカルト要素が入ってきて様子が変わるのですが、その後の流れは探偵役が論理を積み上げて推理していって、やっぱり「本格物」でした。 読み終わってからタイトルのダブルミーニ…

オータム・ブラック~法律事務所殺人事件~ 弁護士穂積晃シリーズ

弁護士の経験を持つ著者によるミステリ小説です。弁護士の実務や裁判の裏側など、圧倒的なリアリティーがあって面白く読めました。 【作者】 乙野二郎 【あらすじ・概要】 主人公の弁護士の穂積晃は、修習生時代の恩師である冬川の弁護を引き受けることとな…

瑕疵借り

松岡氏は「元自衛官の臨床心理士」、「古物鑑定士」、「旅行添乗員」、「探偵を調査する探偵」、「手品師」などなど、幅広い職業の主人公が探偵役となる小説を生み出してきましたが、「瑕疵借り人」というニッチな職業で新作をぶち込んできました。 これだけ…

すべては「裸になる」から始まって

元AV女優の森下くるみ氏による自伝的なエッセイです。 AV女優としての仕事内容がつまびらかに書かれていて興味深いです。また父親との確執や、それを乗り越えていく姿は私小説としてもとても面白かったです。 【作者】 森下くるみ 【あらすじ・概要】 幼少の…

スパイが教える思考術

CIAの諜報員だった経験を持つ著者が、諜報機関やスパイがどのような意思決定プロセスを持っているのかを解説しています。具体的な事例に重ねて内面の思考を開設しているのは、緊迫感があって中々面白いです。 【作者】 ジョン・ブラドッグ 【あらすじ・概要…

ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えよう

ノルウェーで空挺部隊の経験を積んだ後、スポーツ選手やビジネスマンに対するメンタルトレーニングを行なっている著者の本です。「目標」に「想い」を乗せるというのは良くある考え方ですが、実践方法としてスポーツの視点をメインに語っています。 【作者】…

八月の翼

赤井五郎さんの作品では無国籍な感じ街が舞台となることが多いのですが、この作品では古いアメリカの田舎町をイメージしているようで、いつもとは違う感じでした。 少年少女の日常物語的な始まりから、ホラーへ、そこからSFへと展開していく流れに引き込まれ…

時をかける少女

「時をかける少女」のシリーズで見たことがあるのは、細田守のアニメ版だけ、原作小説は初めて読んだのですが、かなり短い短編だったことに驚きました。コアとなるアイデアが力強いものであれば、ストーリーは時を超え生き残っていくのですね。 【作者】 筒…

かいじゅうタイムズ

小説家 乙一さんが新聞に寄稿したエッセイ集。中田永一さんが同一人物だと知り少し驚きました。乙一としてはホラー色の強い作品が多いですが、中田永一としては暖かい作風で、幅の広さを感じました。 【作者】 乙一 【あらすじ・概要】 乙一氏が西日本新聞に…

不連続殺人事件

1947年と終戦直後のだいぶ古いミステリなのですが、登場人物やストーリーに古さを感じません。物理的なトリックを弄する話よりも、犯人と探偵の心理的な争いを描く作品の方が風化しにくいのかもしれません。 【作者】 坂口安吾 【あらすじ・概要】 資産家で…

潜在能力を最高レベルに引き出す「変性意識入門・催眠編」

苫米地氏の書籍は理解しやすく、興味深い内容が多いのです。ただ「催眠術」となると、どうしても「イロモノ感」が出てしまいますね。。 【作者】 苫米地英人 【あらすじ・概要】 人間の意識には「覚醒状態」と「変性意識状態」があり、潜在能力を発揮するに…

ドッペルゲンガーを殺せ: ショートショート・短編集

切れのあるショートショートは 大好きです。短いと説明不足で分かりにくくなることもありますが、無駄が削がれて鮮烈な印象を残すこともあり、そういう作品に出会えると嬉しくなります。 【作者】 小河原正弘 【あらすじ・概要】 20編のショートショートと、…

雪の断章 佐々木丸美コレクション

殺人事件が起こるミステリ小説なのですが、事件とはあまり関係なく主人公たちの心の葛藤や、悲喜こもごもの日常生活がどんどん進んでいきます。久々に、読むのに疲れを感じる作品でしたが、ある意味印象には残りました。 【作者】 佐々木丸美 【あらすじ・概…

おうむの夢と操り人形

完全にペッパーくんをイメージしたロボット「パドル」が活躍します。「契約更新されなかったペッパーが大量に返却されている」というニュースを見たばかりなので、リアリティーを感じます。細かい技術的な話が、個人的にはとても面白いのですが、読む人を選…

人見知りが会話を続けるために知らないと損する16の話し方 かず丸式会話術

会話術の本です。 斬新な内容ではないのですが「コミュニケーションの達人になろう!!」ではなく「人見知りだけど、何とか最低限乗り切っていければいいな。。」というスタンスなのが、私には丁度良い感じです。 【作者】 かず丸 【あらすじ・概要】 会話術…

詐欺師・ひっかけ商法の最新手口を公開! 騙しのカラクリ

詐欺の手法を小説仕立てで解説していく本です。こういう話を読むと「自分は絶対に引っかからないな」と感じてしまうのですが、そういう人がむしろ危ないのでしょうか。。 【作者】 横田濱夫 【あらすじ・概要】 詐欺の手口を、ストーリーに乗せて解説し注意…

九月に蝉の鳴くところ

夏休み前の少女の日常を描く話と思いきや、徐々に不思議な世界に引き込まれ、「意味が分かると切ない話」になっています。短い作品ですぐ読めますが、印象に残る話でした。 【作者】 赤井五郎 【あらすじ・概要】 8月も終わりを迎える頃、京子たちが暮らす「…

嘘を愛する女

同タイトルの映画のノベライズ版です。切ない恋の物語なのですが、行動力溢れる主人公の由加利がやたらと格好いい話でした。 【作者】 岡部えつ 【あらすじ・概要】 仕事で活躍する 川原由加里が、医師である恋人の小出桔平を母親に紹介しようとした日、桔平…

オカルトトリック Smoke And Mirrors

前作「オカルトトリック」がかなり面白かったので、続編となる本作を読んでみました。 前作の主人公であった陰陽氏の禅は端役出演で、もう一人の主人公だった奇術師 凛 も、それほど活躍するわけではありませんでした。それでも、各キャラのオカルト的な現象…

科学哲学への招待

「科学」が辿ってきた歴史と、今日的な課題について説く本です。内容が凝縮されていて濃すぎる感じがあるので、関連分野の本を読みもう少し学んでみたいと思いました。科学を学ぼうとする人、技術に携わる人は読んでおくべき本なのではないでしょうか。 【作…

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~

前作で一応関係した、ビブリアシリーズの後日譚です。7歳の娘、扉子は栞子の生き写しのようで、この後どのように成長していくのか気になります。さらに続編が読みたくなりました。 【作者】 三上延 【あらすじ・概要】 栞子と大輔が結婚してから、7年の時が…

マンガでわかる! 情報整理術〈超入門〉

マンガで情報整理について説明する本です。「超入門」とある通り初歩的な内容ですが、マンガで図解されるので、具体的な活かし方がイメージしやすいです。 【作者】 岡野純 【あらすじ・概要】 IT企業で働くジュンが、奥さんのモモや子供たちからの助言を得…